集中力を爆上げして瞬達する方法とは?

練習メニュー 川端 健太

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です!

今日は、「集中力を爆上げして自分史上最高速で上達する方法」をシェアしますね!!

今からシェアする方法は、

  • もっと集中力を高めたい
  • 集中してプレーをしたい
  • 上達スピードを上げたい

と思っている方の、お役に立てる内容になります。

今からシェアする方法を実践すると、

  • 自分史上最高の上達スピードになります。
  • 試合で集中できて持ってる力を発揮できるようになります。

こんな嬉しい事が起こるので、最後までお読みください。

あなたは、選手に集中して欲しいと思っていませんか?

選手は、集中しなければいけないのはわかっていても、どんな状態が集中しているのかを理解できてません。

全体の90%は理解できてないと言っても、いいほどです。

集中しないと、瞬達することは厳しいです。

また、試合で実力を発揮することも厳しい。

ですから、 今から紹介する方法を選手に実践してもらって、集中状態でプレーしてもらいましょう。

では、今から具体的に集中する方法をシェアしますね!

集中する方法とは?

今からシェアする方法は、「内観法」と言います。

①自分の頭に意識を向けて、 どんな状態なのかを観察する。

この時点で、かなり頭に集中しなければどうなっているかが全く分かりません。

  • 自分の頭は今どんな状態なのか?
  • ストレスを感じていてモヤモヤしているのか?
  • いろんなことを考えてしまってザワザワしているのか?

脳の状態に、意識を向けさせてください

②頭を軽く前後左右に振って頭の重さを感じる。

脳が疲れている場合、頭は重くなります。

考え事をたくさんしてたり、ストレスが溜まってる選手は、頭が重く感じることでしょう。

③目を閉じる

  • これから自分の体に意識を向ける
  • 視界をシャットダウンする

ために、目を閉じます。

目を閉じると、意識が向けやすくなるからです。

④左右の頭頂部の違いを感じる。

頭の頭頂部の、右側と左側の違いを感じます。

例えば、 私は右側の方が左と比べて膨らんでるように感じることが、多いです。

これは、人によって感じ方が全く違います。

感じたことに、正解不正解はありません。

⑤左右の眼球の違いに意識を向ける。

頭頂部の違いがわかったら、今度は眼球に意識を向けます。

  • 左右の眼球の大きさ
  • どちらが前に出てるなどの位置
  • 硬さ

に意識を向けます。

そうすると、左右の眼球はの違いに気づくことでしょう。

⑥左右の鼻の穴 に意識を向ける。

  • どちらの鼻の穴が開いているか?
  • 奥の方はどうなのか?
  • どちらが詰まっているのか?

どちらが息が通りやすいのかなどに、意識を向けてみます。

⑦喉に意識を向けます。

  • 喉は開いているのか?
  • 閉じているのか?

などに、意識を向けます。

⑧ステップ7まで終わったらゆっくり目を開けます。

目を開けたら、頭を前後左右に振ったりして頭に意識を向けてみます。

  • このエクササイズをする前とした後では、どんな違いがあるのか?
  • 頭が軽くなってるのかスッキリしてるのか?

に意識を向けます

このエクササイズをすると、 かなり頭がすっきりクリアになったことを感じると思います。

この状態が、集中できている状態になります。

その状態でプレーができれば、上達スピードは最高速になっていきます。

各部位を感じる時間は、10秒から20秒程度で構いません。

実践するときは、練習や試合のウォーミングアップ後や途中などに行うことを、お勧めします。

この方法は、勉強する時にも使えるので、選手に「勉強する前にやるといいよ」とも伝えてもらえませんか?

あなた自身も、集中したい時にこれを行ってから、集中したいことを行うことをオススメします。

まとめ

今日は、「集中力を爆上げする方法」を紹介しました。

その方法は、目を閉じて頭頂部や眼球などに意識を向ける方法でした!

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

あなたの教え子さんの集中力が、高まりますように!!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。