守備範囲を広げるスライディングレシーブの練習方法

練習メニュー レシーブ テクニック

 

今回は、「守備範囲を広げるスライディングレシーブの練習方法」をご紹介します。

 

ディグ(スパイクレシーブ)をする時に、
「普通のアンダーレシーブでは届かない…」
「間に合わない…」
という場合、どのようなレシーブを行いますか?

きっと前に滑り込んでレシーブをする「スライディングレシーブ」をする選手が多いと思います。

しかし・・・
「前に滑るのが怖い…」
「怪我をした経験がある…」
このようなことで恐怖心を持ち、スライディングレシーブができない選手は非常に多いのではないでしょうか?

私も、肘が床にすれてとても痛かった経験があり、スライディングレシーブをすることに対して恐怖心を持っている時期がありました。

そんな方のために、「守備範囲を広げるスライディングレシーブの練習方法」についてご紹介します。

 

スライディングレシーブのメリット

スライディングレシーブを習得することで、守備範囲が格段に広がり、スキルアップにも繋がります。

1人1人の守備範囲が広くなると、コートにボールが落ちることが減ります。
つまり、失点を減らせることができるのです。

漫画「ハイキュー‼」でも、守備がすごいチームがありましたよね?
そう、粘りの守備をする音駒高校です。
まさに個々ではなくチーム全員で戦っている感じがしました。

1人1人の守備範囲を広げることは、チームを勝利に導きます。

 

守備範囲を広げるスライディングレシーブの練習方法

<練習方法>
・2人組で向かい合わせになる
・相手に、自分の1.5m手前にボールを打ってもらう(投げてもらう)
・両膝を床に付けたまま、前で滑り込んでディグを行う

この練習をすることで、前への反応ができるようになり守備範囲が格段に広くなります。

<ワンポイントアドバイス>
最初から、構えた姿勢でスライディングレシーブを行ってしまうと、恐怖が出てきてしまいます。
ですので、まずは膝を床につけて、床に近いところからスライディングレシーブを行うようにしましょう。

慣れてきたら徐々に起き上がり、普段の構えからスライディングレシーブをするようにしてみてください。

この練習をすることで、スライディングレシーブができるようになり守備範囲が広くなります。

<恐怖心がある選手に対してのワンポイントアドバイス>
構えたところから肘や膝をついてしまうと、怪我につながる可能性があります。
身体への衝撃を抑えるには、床上ギリギリでボールを拾うことが大切です。

さらに、床につく順番も意識することで、衝撃を抑えることが出来ます。
床ギリギリでボールを拾い、肘 ⇒ 胸 ⇒ おへそ の順番に着地させるようにしてみましょう。

このようにすることで、怖さや痛みが減り、恐怖心がなくなると思います。
床の上を滑るイメージでレシーブすると、もっと上手くいきます。

床上ギリギリでボールを拾い、着地する順番を意識して練習を行うようにしましょう。

肘がすれて痛い方は、肘のサポーターを付けるのもオススメです。

 

まとめ

今回ご紹介した「守備範囲を広げるスライディングレシーブの練習方法」はいかがでしたか?

・膝を床につけて、床に近いところからスライディングレシーブの練習を行う
・床ギリギリでボールを拾い、肘 ⇒ 胸 ⇒ おへその順番で床に着地させる

これらのことを意識しながら練習を行うことで、恐怖心がなくなり、思い切ってスライディングレシーブができるようになります。

ぜひ、実践してみてください!

 


LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

新しい時代で伸びる上達法!LINEで友達になると、短時間の練習で上級者の動きに変える、バレーボール上達DVDを半額で学んでいただけます

バレーボール強育塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、バレーボール強育塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売しているバレーボールDVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!