ドライブ回転のスパイクでレシーバーの足元に狙う理由とコツとは?

スパイク 林 みろ吉

  • ドライブ回転のスパイクの狙い場所が分からない
  • ドライブ回転のスパイクを打ってもレシーバーにボールを拾われてしまう
  • 相手のレシーバーの癖を見抜きたい!

ドライブ回転のスパイクを打つスパイカーは、決定率を上げるためにボールが拾われにくい場所を探しますね。

アタッカーは、ドライブ回転のスパイクをレシーバーの正面に打つわけにはいけません。

レシーバーは、ドライブ回転のスパイクを正しい姿勢でレシーブすると、拾いやすくなっているのです。

アタッカーはレシーバーのレシーブを乱すために、足元を狙いましょう。

ここでは、アタッカーがドライブ回転のスパイクをレシーバーの足元に打つ理由とコツを解説していきます。

ドライブ回転のスパイクはレシーバーの足元に狙う

アタッカーは、ドライブ回転のスパイクをレシーバーの足元に狙いましょう。

スパイクをレシーバーの足元に狙う理由は、

  • レシーブを乱せる
  • アタックが決まりやすい

の2つです。

レシーブを乱せる

アタッカーは、ドライブ回転のスパイクをレシーバーの足元に狙うと、レシーブを乱せます。

レシーバーは、相手のアタッカーが打ってくる位置を想定しているため、守備範囲外に飛んでくるとボールと対応が遅れるからです。

例えば、レシーバーが左右のボールに対応することを想定していた場合、前後への動きが遅くなります。

左右に動ける態勢を構えているレシーバーは、前後にボールが飛んでくると判断が遅くなって、レシーブの態勢が乱れてしまうのです。

レシーバーの守備範囲は、人によって広さが異なります。

また、前後左右で動きの速さに違ってくるのです。

アタッカーはレシーブの返球する位置で、スパイクの打ちやすさが変わってきます。

相手が単調な攻撃になるように、レシーバーが守りにくい位置にスパイクを決めましょう。

アタックが決まりやすい

アタッカーがドライブ回転のスパイクを足元に打つと、アタックが決まりやすくなります。

レシーバーは、レシーブの態勢が崩れるとセッターへの返球する位置がズレてしまうのです。

例えば、レシーバーがボールを正しい場所でレシーブできなかった場合は、乱れやすくなります。

アタッカーは、相手のレシーバーが構えている場所よりも手前の位置を狙うことをおすすめします。

また、レシーバーが守備位置を前に変更してきた時は、コートの奥を狙うと対応が遅くなるでしょう。

有効的な攻撃を行いたいアタッカーは、レシーバーの守備位置を確認しながらスパイクを打ってください。

スパイクを打つ位置を変えていくと、相手の守備を乱せますよ。

ドライブ回転のスパイクはレシーバーの足元に狙うコツ

アタッカーがドライブ回転のスパイクで、相手レシーバーの足元に狙うコツは、相手の守備位置を確認することです。

レシーバーは、人によってレシーブの態勢や動き方が異なります。

例えば、レシーバーの構える時に左右の足の位置が違います。

相手のレシーバーが、右足を前に出してレシーブ態勢に入っている場合は、右側を狙いましょう。

レシーバーはボールが飛んできた時、初めの動きが大事になります。

前に出している足に飛んでくると、反応が遅くなるのです。

レシーブの態勢に入っているレシーバーは、重心をかけている位置によって動きやすい場所が変わってきます。

アタッカーは、相手のレシーバーの守備位置やレシーブ態勢を確認しましょう。

レシーバーの動きや態勢に癖があれば、弱点をついた攻撃ができます。

アタッカーは、スパイクをレシーバーの足元を狙って、得点を獲得してきましょう。

スパイクをレシーバーの足元に狙おう!

ドライブ回転のスパイクで、レシーバーの足元に狙う理由とコツを紹介しました。

アタッカーは、レシーバーの足元にスパイクを打つ有効な攻撃ができます。

ドライブ回転のアタックは、日々の練習で精度が高くなります。

アタッカーは、個人練習と全体練習の両方で、自らの目標を決めて行いましょう。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人林 みろ吉林 みろ吉
はじめまして。私は高校時代に約3年間、バレーボールを行っていました。小柄なアタッカーでしたが、主にライトからの攻撃を任されていました。その後、レシーブ力の高さを評価されて、チームの守の要である「リベロ」を担当します。相手のアタッカーの強打からフェイントまで、特徴やクセを分析しながら守っていました。チームの成績は地区予選止まりでしたが、県大会出場まであと一歩のところまで力をつけました。キャプテンを務めながら、日々練習に励んでいました。バレーボールの基本的なことから独自の視点まで、役に立つ情報を提供していきます。