【動画あり】レシーブで落下地点に入るのが遅い原因と練習方法

レシーブ テクニック 動画

落下地点に入るのがいつも遅れてしまう…

と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

そこで、今回は「レシーブで落下地点に入るのが遅くなってしまう原因と練習方法」についてご紹介します。

落下地点に早く入れない原因

落下地点に早く入れない原因は、

  • ボールを見過ぎてしまう

ということが挙げられます。

ボールを見過ぎてしまうことで反応が遅れてしまい、最終的に慌ててボールを拾いに行きます。

ですがその時には、すでにボールが地面に落ちて拾えないのです。

少しボールに触れたとしても、コントロールできずにセッターやチームに迷惑をかけてしまいます。

ボールを見ることも大切ですが、それ以上に素早く落下地点に入ることが重要になります。

練習方法➀

  • 2人組になる
  • ゴムひもを首の高さにはる
  • 練習者はゴム紐より半歩下がってレシーブの体勢になる
  • もう1人が1から4までの数字を言う
  • 練習者は指示で素早く動く

➀:右足を前に出す
②:左足を前に出す
➂:右足の前方に2ステップ
④:左足の前方に2ステップ

この練習では、頭が紐に当たらないように身体を低くして行います。

これが素早くできるようになれば、反応が早くなり落下地点に行くのも早くなります。

また、素早く落下地点にはいることができるので、コントロールも良くなります。

練習方法②

  • 2人組になる
  • 練習者はエンドラインに両手を付いて構える
  • ボールを出す人は正面からボール出す
  • 素早く落下地点に入ってレシーブする

この練習では、ボールがでた瞬間に素早く落下地点に入るようにしましょう。

この時の注意点は、落下地点で止まって面を作りレシーブすることです

ボールを触る瞬間に動いてしまうと、ボールをはじいてしまいます。

ですので、止まってボールを返すということを意識しましょう。

また、腰を上げた状態からスタートするのではなく、腰を低くしたままスタートするようにします。

腰を上げてスタートしてしまうと、前のめりになってしまい落下地点に素早く入れません。

腰を低くしたままスタートするようにしましょう。

単純な動きに見えますが、ボールがあるとできない方が非常に多いです。

ですので、今回ご紹介した練習を繰り返し行いボールを見過ぎないように素早く落下地点に入るようにしましょう。

動画では、さらに詳しく解説されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp