トスが低い時は強打が有効?ブロッカーの人数と手の位置に注目してみましょう!!

スパイク 指導法 林 みろ吉

  • トスが低い時のスパイクが上手くなりたい!
  • トスが低い時は強打か軟打のどちらを打つべきなのか悩む
  • 強打と軟打の時のコツを教えて欲しい!

アタッカーはトスが低いと、どのような攻撃をするべきなのか悩むでしょう。

セッターからのトスが低い時は、通常のスパイクよりも助走距離や打つ位置が変わってきます。

また、アタッカーは攻撃の方法を咄嗟に判断しなければいけません。

今回の記事では、トスの低い時に強打が有効な攻撃なのか解説します。

記事を読み終わった人は、トスが低い時の攻撃が上手くなるでしょう。

トスが低い時は強打が有効なのか?

セッターからのトスが低い時は、強打が必ず有効な攻撃とは限りません。

なぜなら、相手のブロッカーが3人いるとブロックされる可能性が高いからです。

また、強打の場合はブロックされたボールに勢いがあるため、レシーバーが対応しにくいです。

例えば、トスが低い時に強打した場合、相手のブロッカーに隙間が無いとブロックされやすいです。

また、アタッカーがブロックの隙間を狙ったとしても、ボールがコート外に落ちるリスクがあります。

アタッカーはトスが低い時は、

  • 強打
  • 軟打
  • フェイント

の攻撃を、状況に応じて使い分けましょう。

仮に何度も同じ攻撃をした場合は、スパイクが決まらなくなります。

アタッカーは、複数の攻撃ができるように考えておきましょう。

トスが低い時に注目するポイントは2つ

トスが低い時に注目するポイントは、

  • ブロッカーの人数を確認する
  • ブロッカーの手を確認する

の2つです。

アタッカーは2つのポイントを素早く確認して、攻撃方法を決めましょう。

ブロッカーの人数を確認する

トスが低い時に注目する1つ目のポイントは、ブロッカーの人数を確認することです。

なぜなら、ブロッカーの人数によってスパイクが狙える場所が変わってくるからです。

例えば、相手のブロッカーが1人の場合、スパイクが打てる範囲が広くなるため、守備の弱点を突けます。

また、相手のレシーバーも守備範囲が広がってしまい、複数の攻撃への対応が遅くなるのです。

アタッカーは

  • 強打
  • 軟打
  • フェイント

を状況に応じて使い分けると、決まりやすくなりますよ。

仮にブロッカーが3人の場合は、強打せずに軟打にしましょう。

アタッカーは軟打をブロッカーの後ろに狙えると、ボールが落ちやすくなるでしょう。

トスが低い場合、相手のブロッカーやレシーバーも咄嗟に反応しなければいけないため、予期せぬ攻撃に反応できません。

また、フェイントすることで相手のレシーバーが対応できないこともあり得ます。

アタッカーはブロッカーの人数を確認して、状況によって攻撃を変えていきましょう。

ブロッカーの手を確認する

トスが低い時に注目する2つ目のポイントは、ブロッカーの手を確認することです。

なぜなら、アタッカーはブロッカーの手の位置で攻撃方法を決められるからです。

例えば、ブロッカーの手が通常の位置よりも開いている場合、その間に強打できます。

相手のレシーバーはブロッカーが防ぐことを考えているため、予期せぬ強打に対応できないでしょう。

仮に、相手のブロッカーの手に正しい位置にある場合は、軟打にしましょう。

これは、ワンタッチを狙っており、再度攻撃する態勢を整えるからです。

例えば、アタッカーは相手のブロッカーの手にボールを当てて、味方のコートに戻ってくるようにします。

そして、戻ってきたボールから再度攻撃するのです。

アタッカーは攻撃態勢を整えて、有効なスパイクが打てますよ。

アタッカーは次の攻撃を考えながら、スパイクする方法を判断していきましょう。

素早い判断が大事

アタッカーはトスが低い場合、状況に応じた攻撃を行いましょう。

仮に有効な攻撃ができない時は、次の攻撃に繋げるような対応を取ってください。

スパイクの際に強引に強打したとしても、ブロックされるリスクがあります。

アタッカーは気持ちにゆとりを持って、自信のある攻撃をしましょう。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人林 みろ吉林 みろ吉
はじめまして。私は高校時代に約3年間、バレーボールを行っていました。小柄なアタッカーでしたが、主にライトからの攻撃を任されていました。その後、レシーブ力の高さを評価されて、チームの守の要である「リベロ」を担当します。相手のアタッカーの強打からフェイントまで、特徴やクセを分析しながら守っていました。チームの成績は地区予選止まりでしたが、県大会出場まであと一歩のところまで力をつけました。キャプテンを務めながら、日々練習に励んでいました。バレーボールの基本的なことから独自の視点まで、役に立つ情報を提供していきます。