凡ミスをしてしまう選手の性格と指導法とは?

指導法 川端 健太

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です!

今日は、「凡ミスをしてしまう選手の性格とその指導方法」をシェアしますね!

今からシェアする方法は

  • 指導力をアップさせたい。
  • 選手の凡ミスを無くしたい

と思ってる方のお役に立てる内容になります。

今からシェアする方法を実践すると

  • 選手が瞬達していきます。
  • ミスが減っていきます

こんな嬉しいことがあるので、最後までお読みください。

どうして凡ミスをするのか?

あなたのチームにも一人や二人いると思いますが、凡ミスをしてしまう選手いませんか?

「そんなミスするのか」と思うようなありえないミスをする選手が、いると思います。

こういうミスをする選手の性格に、特徴があります

その特徴は、「思い込みが激しい」という特徴です。

思い込みが激しい選手が、なぜ凡ミスをしてしまうのか?

それは、やってるつもりになってしまうからです。

  • ボールを見てるつもり
  • 言われたことをやってるつもり

こういった事が、思い込みの激しい選手には起こってしまいます。

そのため、凡ミスをしてしまう。

こういう性格の選手は、自分やるべきことをしていないという認識は全くありません。

ですから、ミスをした時は他のことにミスの原因をがあると考えがちです。

こういう性格の選手に、「しっかりやりなさい!」と指導してもやっていると思っているので、指導の効果がなかなか出にくいです。

では、どうしたらいいのか?

それは、選手に確認をさせます。

「やれ!」と言ってもやってるつもりになるので、本人に確認をさせるんです。

どうやって確認させるのか?

それは、「~してるか念のため確認してみて」と伝えることをお勧めします。

例えば、ボールを見ていない選手がしたとしたら

  • どのぐらいボールを見ているかを確認してみて
  • いつからボールを見てるか確認してみて

と選手に確認をさせます。

そうすると、「あれ、俺ボール見てない時があった」などと気づき始めます。

ブレーを改善するためには、「本人が気づいて認識することが第一歩」になります。

認識していないと、改善することは厳しいです。

ですから、この方法を行うことで、まずは自分ができていないということを認識させます。

認識したら、後は改善をしていくだけですね !

まとめ

今日は、凡ミスをする性格それは思い込みの激しいタイプである。

そういう選手への対応は、 選自身に確認をさせることでした。

この指導法を実践すると、凡ミスが減るだけでなくその選手は瞬達していきますよ!

全ての選手に対して同じ指導では、なかなか対応しきれません。

選手の性格によって変えていくことが必要だと、私は考えています。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

あなたの教え子さんが、瞬達しますように!!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。