睡眠不足によるパフォーマンスへの悪影響と良い睡眠の取り方

指導法 川端 健太

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です!

今日は「睡眠不足によるパフォーマンスへの悪影響と良い睡眠の取り方」をシェアしますね!

今からシェアする方法は、

  • 集中力を高めたい
  • いい睡眠の取り方を知りたい

こういう方のお役に立てる内容になります

今からシェアする方法を実践すると

  • 試合で最高のパフォーマンスができるようになります
  • 体を早く大きくすることができます
  • メンタルを安定させることができます

こんなうれしいことがあるので最後までお読みください

試合の時期になると

  • 「よく眠れないんです」
  • 「最近、睡眠不足なんです」
  • 「寝付きが悪くなった」

こういう声を選手から聞くことがあります。

あなたの教え子さんは、よく眠れてますか?

今回は、まず睡眠不足による悪影響を簡単に説明し、その後に良い睡眠の取り方を聞いてもらいますね!

睡眠不足による悪影響

睡眠不足による悪影響で体がうまく動かないことはよく知られていますよね。

他にもよる悪影響があります。

睡眠不足になると集中力、注意力が低下します。

これが低下するとパフォーマンスも低下します。

また怪我をしやすくなるという事例があります。

あと睡眠不足によりイヤなことを忘れることができずネガティブな考えになりやすいです。

あなたは、しっかり眠れた時に気分がスッキリした経験はありませんか?

あれは、寝てる間に脳は記憶もするし記憶の消去も行われるからです。

メンタルに関しては記憶の消去が行われたことで気分がスッキリしたと感じるのです。

ですから、しっかり眠ることは気分転換のためにとても良いことなんですよ!

ここまでは、睡眠不足による悪影響を簡単に書きました。

いい睡眠の取り方5つ

次は、いい睡眠の取り方を5つシェアしますね!

眠りに入る時間

1つ目は、眠りに入る時間です。

睡眠に入る時間は、23時前をオススメします。

なぜならば、23時以降に成長ホルモンが分泌されるからです。

その時に寝ていると体が成長しやすくなるからですね。

睡眠時間

2つ目は、睡眠時間です。

睡眠時間は、いろんな文献で7時間以上がおすすめされてます。

短眠の方が良い選手もいると思いますが、身体の成長のことを考えると7時間ぐらい寝るのが良いかと思います。

ボディビル界の伝説の選手は、時間があれば10分でも寝て身体を大きくしていたそうです。

ということは、23時前に寝て朝6時までしっかり寝ることをオススメします。

軽い全身の運動

3つ目は、軽い全身の運動をすることをオススメします。

そのためには、ストレッチやヨガをやるといいでしょう。

ぬるめのお風呂にゆっくりつかる

4つ目は、ぬるめのお風呂にゆっくりつかることもオススメです。

スマホを見るのをできるだけやめる

最後は、スマホやパソコンはできるだけ見るのをやめることです。

これは、ブルーライト、電磁波が目や脳にとって良いものではありませんからね

以上が、良い睡眠を取るための方法でした。

補足

あといくつか睡眠について補足があるのでお伝えします ね!

時間があるのであれば30分以内の昼寝をお勧めしています。

これは体のことだけでもなく勉強授業に集中しやすくなるというデータがありますから。

ただ30分以上寝てしまうと余計に疲れてしまうので30分以内がおすすめです

寝不足は、パフォーマンスを低下すると書きましたが1日2日の寝不足であれば、 さほど影響はないという実験結果があります

ダーツなどの集中力をかなり要する競技ではパフォーマンスが下がるというデータがあります。

が、爆発的なパワーを使う競技では、 ほとんど影響がありません。

ですからバレーボールでは、スパイク、レシーブ、サーブ、ブロック はほぼ影響がないと思います。

ただ、セッターは、もしかしたら多少影響があるかもしれません。

が、 選手には「1日2日の睡眠不足はパフォーマンスに影響はないよ」と伝えてあげてください。

選手が安心しますから。

まとめ

今日は、睡眠不足の悪影響と良い睡眠の取り方をシェアしました。

選手は練習、食事、考え方、睡眠で大きく大きく成長していきます。

睡眠は、バレーボールが上手くなるためパフォーマンスを発揮するために重要で す。

ですから、しっかり眠るように 選手に伝えてもらえませんか?

今日も最後までお読みいただきありがとうございます!

あなたの教え子さんが良い睡眠を取れますように!!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。