ネットを使ったパス力アップ練習メニューとは?

練習メニュー 指導法 川端 健太

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です。

今日は、「ネットを使ったバス力アップ練習メニュー」をシェアしますね

今からシェアする方法は、

  • オーバーパス、アンダーパスがうまくなりたい
  • バスの練習メニューをたくさん知りたい

という方のお役に立てる内容になります。

今からシェアする方法を実践すると

  • メッチャ楽しくパスの練習ができるようになります。
  • 正確にパスができるようになります

こんなうれしいことがあるので、最後までお読みください。

パスの練習は、どんなメニューをされてますか?

いつも同じメニューだと、選手は飽きてしまいます。

飽きてしまうと集中力が低くなるので、色んな練習メニューを覚えておくことをオススメします。

今からシェアする練習メニューは、 どんな練習方法なのか説明していきますね!

  1. ボールを持ってネットから1メートル離れ、体をネットに対して直角にして立つ
  2. ホールをネットの上を通して反対側のコートに行くようにパスをする
  3. ボールをパスをしたらすぐにネットの下をくぐり自分がパスをしたボールを反対側のコートに行くようにパスする
  4. ステップ2~3を繰り返しながらジグザグに移動しながらパスをします。

反対側まで行ったら、終わりです

これ、結構難易度が高いです。

最後までボールを落とさず行けると達成感がありますので、チャレンジしてみてください!

パスは、オーバーやアンダーどちらでも構いません。

オーバーアンダーを、交互に行っても構いません

この練習方法の効果は、

  • パスのコントロール力アップ
  • ボールに焦点を瞬時に合わせる能力を鍛える
  • 膝を低い姿勢で移動し続ければ足腰の鍛錬

こういう効果があります。

まとめ

今日は、ネットを使ったパスの練習メニューをシェアしました。

それは、ネットを使ってパス力をつける練習方法をシェアしました!

これできないとメッチャ悔しいので、何回もチャレンジしたくなりますよ!

今日も最後までありがとうございます!

あなたの教え子さんのパス力がアップしますように!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。