メンタルが弱くなる3つの思考パターンとその改善方法

戦術 川端 健太

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です!

今日は 「メンタルが弱くなる3つの思考パターンとその改善方法」をシェアしますね!

今からシェアする方法は

  • ついネガティブなことを考えてしまう選手
  • メンタルを強くしたい選手

のお役に立てる方法になります。

今からシェアする方法を実践すると、

  • ネガティブな思考が激減しメンタルが安定していきます。
  • 試合で持ってる力を出せるようになっていきます。

こんなうれしいことがあるので、最後までお読みください。

以前のブログでは、「実力が発揮できる試合での思考と行動パターンを知る方法」ということをお伝えしました。

実践してくれましたか?

今日は、 具体的にどんな思考パターンを修正した方がいいのかを聞いてください。

その後にどう修正するかをお伝えします!

メンタルが弱くなってしまう間違った思考

メンタルが弱くなってしまう間違った思考パターンがいくつもあります。

今回は、その中から3つに厳選してシェアしますね。

100か0思考

1つ目のメンタルを弱くする思考パターンは、 100か0思考です。

この思考パターンは、こんな考え方をします。

  • 「いつも~である」
  • 「 全然ダメだった」
  • 「 必ず~する」

など100%ではないことを100%と思い込む思考パターンです。

この思考パターンする選手またはする時ありませんか ?

私はたまにあります笑。

この思考パターンに陥りやすいのは女子の選手に多いと感じています。

未来へのネガティブな予想をする思考

2つ目の思考パターンは、未来へのネガティブな予想をする思考パターン です。

この思考パターンは、こんな考え方をします。

  • 「もう無理」
  • 「絶対できない」
  • 「絶対勝てない」

など試合展開が確実に悪くなると決めつけてしまう思考パターンです。

決めつけてしまう思考パターン

最後の思考パターンは、決めつけてしまう思考パターンです。

この思考パターンは、こんな考え方をします。

  • 「緊張したら力が出せない」
  • 「緊張してきた、どうしよう ?」
  • 「緊張したら 、もうだめだ」

緊張したら悪いプレーしかできなくなるという決めつける思考パターンです。

以上の思考パターンに当てはまる選手多くないですか?

あなたも過去に経験はないでしょうか?

私はどれも経験あります笑。

修正方法

では、今からどうやって修正していくかをシェアします。

100か0思考

1つ目の100%か0かの思考パターンの修正法について説明します。

これは、100%ということは、現実的にはまずあり得ないことに気づくことです。

感情的になってしまうと、 つい100%起こってしまっていると感じてしまいます。

が、冷静に感情を抜きにして事実だけに目を向けると100%というのは起こりえないことに気づきます。

ですから、「いつも」「必ず」と考えてしまったら「本当に100%そうなのか?」と考えるようにすることをオススメします。

未来へのネガティブな予想をする思考

次に2つ目の未来へのネガティブな予想をする思考パターンの修正法について説明しますね!

超能力者でない限り、未来は誰にも分かりません。

この思考パターンになった時は「無理ではない理由」「できる理由」を考えることをオススメします。

そうすると、この思考パターンから脱することができます

決めつけてしまう思考パターン

最後の決めつけの思考パターンの修正方法説明しますね。

緊張したらだめだと思ってしまう選手は、 緊張したら全く良いプレイができないという思い込みをしているわけです。

そのためには、「 緊張しないとゾーンには入れない」「誰でも緊張している」「緊張とやる気は比例するもの 」などを伝えてあげてください。

そうすると、この思考パターンから抜け出すことができます。

緊張すると体がうまく動かなくなって、いいプレーができなくなるとつい考えてしまう気持ちはよくわかります。

が、それは思い込みです。

まとめ

今日は、メンタルを弱くしてしまう3つの思考パターンとその修正方法をシェアしました。

その思考パターンは「100か0か」「未来へのネガティブな予想」「決めつけ」でしたね。

修正法は、 それぞれその思考が間違っているということを認識することで修正できるという話でした。

今日シェアした方法は、バレーボールだけではなく日常生活に使いますので 試してみてください。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます!

あなたの教え子さんのメンタルが強くなりますように!!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。