バレーボールのセンスを高めるウォーミングアップ【背面キャッチ編】

戦術 川端 健太 講師一覧

今日は、「バレーボールのセンスを高めるウォーミングアップ 背面キャッチ編」をシェアしますね!

今からシェアする方法は、

  •  運動能力を高めたい
  • ウォーミングアップの種目を増やしたい

と思ってる方のお役に立てる内容になります。

今からシェアする方法を実践すると

  • 運動能力が 高まる
  • メッチャ楽しくウォーミングアップができる

こんなうれしいことがあるので最後までお読みください。

背面キャッチ

あなたは、背面キャッチをご存知でしょうか?

背面キャッチは、イチロー氏が有名にしたものですね。

背面キャッチは、ボールを背中側でキャッチするものです。

これを、イチロー選手は野球のボールでやってました。

が、今回はバレーボールを行っておんぶするようにボールをキャッチしてもらいます。

今回は、三つのウォーミングアップ エクササイズをシェアします。

エクササイズ➀

まず基本的なエクササイズからシェアしますね。

ステップ1

両手にボールを持つ

ステップ2

背中側にボールが行くように両手でボールを投げる

ステップ3

背中に来たボールをおんぶをするように両手でキャッチする

注意点

これは行ったことがある選手がいるのではないでしょうか?

うまくキャッチするコツは、投げたボールを一瞬でも見ることです。

そうすることによって、脳はどこにボールが行くかを予想し、体を動かしてキャッチするようにしてくれます。

なかなかキャッチできない選手は投げたボールを全く見てない選手が多いです。

ですから、投げたボールをできるかぎり見るように選手に伝えてください。

エクササイズ②

上記のエクササイズできるようになったら次のステップに進みます。

ステップ1

先ほどと同じ順番でボールを背面キャッチをする。

ステップ2

背中側で持ったボールを頭の上を通して体の前に投げる。

ステップ3

そのボールを両手でキャッチする。

このエクササイズは、先ほどよりも少し難易度が上がりました。

エクササイズ➂

次にさらに難易度をアップしていきます。

ステップ1

両手にボールを持つ。

ステップ2

自分の顔の前あたりにボールをトスする。

ステップ3

そのボールを床に打ち付ける。

ステップ4

落下地点に移動し、背面キャッチする。

注意点

このエクササイズは、最初は自分より遠くにボールを打ち付けてしまいダッシュしても追いつかない選手が結構います

コツとしては、出来る限り自分の近くにボールが落下するように打つことですね。

これは、ウォーミングアップの時に行なってもらうとことをお勧めします。

まとめ

今回は、「バレーボールのセンスを高めるウォーミングアップ、背面キャッチ編」をシェアしました!

これは、いくつも応用ができます。

ぜひ応用してみてください。

すごく楽しめるエクササイズなので、 楽しんで行うよう伝えてもらえませんか?

今日も最後までお読みいただきありがとうございます!

あなたの教え子さんのバレーのセンスがアップしますように!!

川端監督の教材はこちら↓↓↓

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。