反応スピードをアップさせる楽しいエクササイズ

川端 健太 講師一覧

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です!

私は雪が好きなんです。

毎年この時期になると、「今年の冬は雪をたくさん見れるかなぁ」と妄想してます笑

今日は、「反応スピードをグンとアップさせるメッチャ楽しいエクササイズ」をシェアしますね!

今からシェアする方法は、

  • ウォーミングアップの種類を増やしたい
  • 反応スピードを上げたい

と思っている方のお役に立てる内容になります。

今からシェアする方法を実践すると、

  • ボールへの反応スピードがアップ
  • 脳が鍛えられる
  • 視野が広がる

こんなうれしいことが起こるので最後までお読みください。

眼と体の協応性を高めるエクササイズ

今からシェアするエクササイズは、 「眼と体の協応性を高めるエクササイズ」になります。

選手は見た情報をもとに体を動かします。

このスピードが速い選手が反応スピードが速い選手です。

今からシェアするエクササイズは、この反応スピードをアップさせるエクササイズになります。

エクササイズは二人一組で行います。

ステップ1

50 CM 程度離れて向かい合って立つ

ステップ2

右手を肩の高さに挙げ、肘を90°曲げ手のひらを相手側に向ける。

ステップ3

左手をお腹の前あたりに置く

ステップ4

ペアの眉間に視線を向ける。

左手は、相手の眉間を見ていても左手が見える高さに置いてください。

ステップ5

左手でジャンケンをする。

ジャンケンをする時も相手の眉間を見続けます。

ステップ6

ジャンケンに勝った選手は、右手で相手の右手の平を叩こうとします。

負けたら右手を叩かれないように後ろに引きます。

ステップ7

ステップ4からステップ6をくりかえす。

相手の眉間を見ながらジャンケンをする理由は、視野を広げるためです。

これは数分行うだけで十分の効果があります。

是非、ウォーミングアップで行ってみてください。

左手でのジャンケンが終わったら左右の手を入れ替えて右手でジャンケンをしてください。

このエクササイズ、メチャメチャ盛り上がります。

叩かれると腹立つし、叩けるとメッチャうれしいんです(^-^)

是非、次の練習から行ってみてください。

親子で家で実践することもオススメです。

まとめ

今日は、「反応スピードをアップさせるメッチャ楽しいエクササイズ」をシェアしました。

今後もこういう運動能力を高めるエクササイズをたくさんシェアしますね!

楽しみにしててください。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます!あなたの教え子さんの運動能力がグングンよくなりますように!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。