タグ:セッターが付いている記事一覧


練習メニュー トス 指導法 川端 健太

アタッカーにトスをあげるセッター。基本は、上げる方向を向いてトスをしますが、たまにバックトスをする時もあります。そのバックトスが安定しないと、アタッカーが強いスパイクを打つことが難しいんです。

堀大輔

バレーには、セッターとエースがいますよね。セッターが苦しくなった時に心の助けになるのが、エースです。セッターとエースには、それほど深い信頼関係があります。

練習メニュー 堀大輔

セッターは唯一無二の存在で、チームの中心ポジションになります。そのため、セッターのレベルによって、試合の進み方が大きく変わります。では、どうすればセッターが上達するのでしょうか?

練習メニュー 堀大輔

セッターの技術レベルによって、チームの得点率が変わることもあります。そのため、セッターの選手を上達させることは、チームにとって大きなプラスになります。

指導法 堀大輔

バレーボールには、なくてはならない存在のセッター。そんなセッターですが、セッターの動きがチームの勝敗に直結すると言っても過言ではありません。それほど、チームの中心ポジションであるセッターが、一番意識しないといけないポイントとは何なのでしょうか?

堀大輔

セッターには、チームの司令塔やトス回しなど色々な役割があります。そんなセッターですが、勘違いしてはいけないこともあります。それは、一体何なのか?

指導法 川端 健太

セッターは、バレーボールにおいてなくてはならない選手になります。しかし、セッターはいつでも完璧にトスをあげれるわけではありません。トスが乱れるときもあります。そのため、トスが乱れたときの対処方法を知っておく必要があります。

堀大輔

バレーボールには欠かせないポジションの”セッター”。自ら好んでセッターになる人は比較的少ないですが、セッターとはどんなポジションなのでしょうか?

練習メニュー 指導法 関口公彦

セッターが困るのが、ネット際のボール処理です。ネット際のボール処理が多くなるセッターだからこそ、ネット際のボール処理をできるようにしておきましょう。

指導法 辻 貴大

セッターは、チームの要のポジションですよね。しかし、全員が同じプレーないようなわけではありません。選手それぞれの性格や特性によって、プレー内容が変わってきます。