セッター上達のために取り組みたい練習方法とは?【個人編】

練習メニュー 堀大輔

前回、「セッターが一番意識なければならないポイントとは?」の中で、セッターが意識しなければならないポイントは、「どれだけオーバーハンドパス範囲を広げられるか」を意識することであり、そのためにはボールの下に速く入るように練習する必要があることを述べさせていただきました。

セッターが一番意識しなければならないポイントとは?

今回は、そのための練習方法を述べていきたく思います。

まずは、個人で出来る練習方法をお伝えします。

私も取り組んできた練習方法となりますので、是非とも参考にしてみてください。

練習方法①「直上トス」

オーバーハンドパスの基本練習といえば、「直上トス」です。

直上トスの練習の際に、どのような点を意識して取り組めば良いのでしょうか。

直上トスとは、頭の上にパスをすることを続けていく練習となりますが、セッターとして意識しなければならない点は、「常におでこの上でトスを上げること」です。

意外と直上トスを連続していくと、ボールを受けるポイントが前にいったり、後ろにいったりしてしまします。

そして、意外とこの現象をスルーして、直上トスを続ける人がいますが、それはNGです。

ボールを受けるポイントが前後するということは、ボールの下に入れていないということになります。

この点を克服するためには、

  • トスを高くしたり低くしたりして続ける
  • わざと前後にトスをずらして続ける

ことをお勧めします。

  • 常にボールの下にしっかり入ること
  • おでこの上でトスを上げること

を意識して、同じポイントでボールを受けることを意識して取り組みましょう。

練習方法②「直上トス」(回転付き)

これは、直上トスにてトスを高めに上げた後に、180度回転してトスを続けていく練習となります。

この練習でも意識しなければならない点は、

  • 常にボールの下に入ること
  • おでこの上でトスを上げること

ですが、もう1つ意識してほしい点があります。

それは、「自分の体が向いている方向」です。

180度回転を続けると、必然的に体が向いている方向が変わってきます。

体の向きが変わること自体は何も問題ないことですが、自分がどの方向を向いてトスをしているのか理解できていないのは問題です。

セッターとは、あらゆる角度からアタッカーが打ちやすいところに、トスを上げなければなりません。

そのためには、自分の体の向きをトスを上げる方向に向けて、トスしなければなりません。

それを意識するための、練習方法となります。

回転の直上トスをする前に、まず自分の体の正面に基準となる目印を設けてください。

その後、180度回転した後に、設けた基準に対して、

  • 自分の体が右側を向いているのか
  • 左側を向いているのか
  • 180度回転したと思ったら90度しか回転していない

など、その点をしっかり意識して取り組んでみてください。

練習方法③「直上トス」(目つぶり付き)

今回最後に紹介するのは、直上トスの目つぶり付きです。

内容はこれまでの直上トスと同じであり、意識するポイントも

  • ボールの下に入ること
  • 常におでこの上でトスを上げること

になります。

しかし、目を閉じる動作をトスを上げた後に取り入れてみてください。

一気に、難易度が上がります。

実際やってみると、目を閉じることでトスの高さは低くなっていきます。

それは、トスがブレないようにするために、低くなっていくのです。

但し、取り組んでいただきたいのは、あえてトスを高く上げた後に

  • 一旦目を閉じる
  • 目を開けてボールの下に入って受ける

です。

練習方法②の直上トス回転付きでも述べました、自分の体の向きも意識してみてください。

目を開けた後、基準に対して自分の体がどこを向いてボールを受けているのかを、しっかり自分が理解して取り組んでみてください。

まとめ

今回は、セッター上達のための個人で取り組める練習方法をお伝えしました。

最後に、練習の際に意識してほしい点を、まとめさせていただきます。

  • 常にボールの下に入る意識
  • 常におでこの上でトスを上げる意識
  • 自分の体がどこを向いてトスを上げているのか理解する意識

この3点をとにかく意識して、取り組んでみてください。

とても地味な練習方法だなと思われたかもしれませんが、私が見てきた好セッターは、直上トスをやってもポイントとなる上記3点がブレていないのです。

体育館でも、公園でも、お家でも出来る練習内容です。

時間があるときは、意識して練習に取り組んでみてくださいね。

次回は、対人での練習方法を紹介していきたいと思います。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人堀 大輔堀 大輔
長崎県出身で、現在は京都市在住。子供3人の父親。中学校から友人たちとバレーボール部に入部。ポジションはセッター。高校時代所属バレーボール部は長崎県ベスト4他、九州大会出場2回、九州大会準優勝1回と実績を残すが、私自身はベンチメンバーでした。部員人数も少なく、オールラウンドとして控え要員とともにマネージャー的な存在でもあり、また他チームの選手分析および戦術分析など経験。その経験から得たことや皆さんに役立つバレーボール情報を提供してききたいです。また現在はママさん方とバレーボールを楽しんでおり、子供から大人の方々まで「バレーボールは楽しいスポーツ」であると伝えていきたいです。