タグ:レシーブが付いている記事一覧


練習メニュー レシーブ テクニック

今回は、「レシーブを正確にセッターに返す練習方法」をご紹介します。レシーバーは、セッターがトスを上げやすいように正確にセッターの位置へボールを返す必要があります。この練習では、セッターにボールを返すときの体の使い方が身に付けることができます!

レシーブ テクニック 川端 健太 講師一覧

今回は、「レシーブでお見合いをなくす方法」をご紹介します。お見合いは、相手に得点を与えてしまうだけではなく、チームが嫌な雰囲気になることもあるプレーなので、なくせるようにしましょう!

練習メニュー レシーブ テクニック

「前に滑るのが怖い…」「怪我をした経験がある…」このようなことで恐怖心を持ち、スライディングレシーブができない選手は非常に多いのではないでしょうか?そんな方のために、「守備範囲を広げるスライディングレシーブの練習方法」をご紹介します。

練習メニュー レシーブ テクニック

安定したディグができるようになるおすすめの練習メニューをご紹介します。今回ご紹介する練習メニューでは、特に左右方向に飛んできたボールに対する正しい動き方・フォームを身に付けることができますので、ぜひ取り入れてみてください!

練習メニュー レシーブ テクニック

攻撃の起点となるのが、レセプション。レセプションを正確にセッターに返すことは、攻撃のバリエーションを増やすためにも非常に重要です。今回は、レセプションのフォームをつくる練習方法をご紹介します。

レシーブ テクニック 川端 健太 講師一覧

今回は、バレーボールのレシーブの1歩目を速くする体の使い方をご紹介します。お伝えする方法は、100人以上の方に試してもらったら効果を実感して頂けた方法です。小学生でもできた方法なので、ぜひ試してみてください!

レシーブ テクニック 川端 健太 講師一覧

ジャンプ力がアップする「自分に合った体の使い方のチェック方法」をご紹介します。このチェック方法では、ジャンプの踏み込み時とレシーブの構えにおいて、胴体が深く前傾した方がいいのか?棒立ち気味のがいいのか?どちらなのかがわかります!

レシーブ テクニック 川端 健太 講師一覧

「レシーブの範囲がグッと広がる筋肉の使い方」をご紹介します。正しい筋肉の使い方を知っておけば、筋力アップしなくてもレシーブの範囲を広げることができます!

レシーブ テクニック

レセプションにおいて、「セッターへ強く返ってしまう・・・」というお悩みをお持ちの方がたくさんいます。レセプションがセッターへ強く返ってしまう原因は、「ボールを引き込む感覚がわかっていない」ということ。そんな方のために、ボールを引き込む感覚を身に付ける練習方法をお伝えします。