2人のタイミングを合わせるブロックの練習方法

練習メニュー ブロック テクニック

 

今回は、「2人のタイミングを合わせるブロックの練習方法」をご紹介します。

ブロックとは、前衛のプレイヤーが両手を上げた状態でジャンプをし、相手のスパイクを防ぐプレーです。

ブロックは、

・相手のスパイクを止める
・ワンタッチでレシーブを楽にする
・相手のスパイクコースを少なくする
・相手にストレスをかける

というように様々な役目があり、試合中にとても必要なプレーです。

 

しかし、2枚ブロックをしているのにも関わらず、スパイクがブロックの間から打たれてしまい、得点を取られてしまうケースがよくあります。

2人の手の間隔を近づけてジャンプするタイミングを合わせればいいということは理解していても・・・

2人のブロックがバラバラになってしまう…
タイミングを合わせる方法がわからない…

という選手は多いのではないでしょうか?

そんな方のために、「2人のタイミングを合わせるブロックの練習方法」をご紹介していきます!

 

2人のタイミングを合わせるブロックの練習方法

・ブロックをする時と同じ位置に立つ
・2人で声を掛け合い、タイミングを合わせてジャンプする

シンプルな練習ですが、意外と難しい練習です。

 

<アドバイス①>
ブロック位置に立ち、2人で声をかけて空跳びで跳んでみましょう。

この空跳びで揃わなければ、試合では絶対に揃いません。
ボールもない、スパイカーもいない、そんな一番簡単な状態で揃わなければ、試合で揃うはずがないですよね!

まずは、空跳びという簡単な状況で揃えることを徹底しましょう。

 

<アドバイス②>
2人でブロックをする時は、先行するブロッカーと追随するブロッカーの呼吸とタイミング、足の運び方を合わせる必要があります。

1枚のブロックを2つ作っても、2人の間を打たれてしまってはブロックをしている意味がありません。

2枚ブロックは、2人で1枚の壁をつくるように揃ったジャンプを徹底するようにしましょう。

踏み切る位置が離れてしまうと1枚の壁になれないので、相手のとなりで踏み切り、ジャンプのタイミングを合わせるようにしましょう。

 

まとめ

今回ご紹介した「2人のタイミングを合わせるブロックの練習方法」はいかがでしたか?

・声かけをして空跳びの練習をする
・2人の呼吸とタイミング、足の運び方を合わせる
・相手のとなりでしっかり踏み切る

これらのことを意識しながら練習を行うことで、2枚ブロックがしっかり揃うようになります。
ぜひ、実践してみてください!