ブロックフォローの反応スピードを上げる方法とは!?

練習メニュー ブロック 川端 健太

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です!

教室開催のため、長野県の諏訪に行ってきました。

寒いところは脳や体が引き締まって、私は好きです。

今日は、ブロックフォローで反応スピードを上げる方法をシェアしますね!

どうボールを見ているか?

ブロックフォローに入っても、なかなかブロックされたボールをレシーブできないと悩んでる方をみえるでしょう。

こういう悩みを持ってる方には、すぐに反応スピードを上げることでブロックフォローができるようになる方法をシェアするので、最後までお読みください 。

ボールへの反応スピードを上げるには、「どうボールを見るか」が大事になってきます。

あなたの教え子さんは、ブロックフォローに入った時、どうボールを見てるでしょうか?

おそらく、相手ブロッカーを見ていて、ブロックされたボールがブロックに当たってからボールを見るのではないでしょうか?

これだと、突然ボールが現れるので、反応が遅くなってしまいます。

視野を拡げる

では、どうしたらいいのか?

それは、まずアタッカーとブロッカー両方が入るように視野を広げます。

そうすると、アタッカーが打つときからボールを見ることになります。

アタッカーが打つときからボールを見ることができると、ボールを見る時間が長くなるので、ボールに対してしっかり反応できるようになります。

最初は、視野を広げることが出来ないかもしれません。

が、やっていくうちに徐々に慣れていくので、是非試してみて下さい。

ただ視野を広げるだけで、反応スピードは本当にアップしますので!

まとめ

今日は、「ブロックフォローで反応スピードをアップするためには視野を広げてボールを見る時間を長くしよう」という話をしました。

次の練習の時に試してみてください。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます!

あなたが教え子さんの反応スピードが速くなりますように!!

この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。