いざという時のために覚えておきたい、レシーブの種類とは?

レシーブ 関口公彦

みなさんは、レシーブの種類についてご存じですか?

代表的なプレーは、オーバーハンドアンダーハンドだと思いますが、それ以外にも多くのレシーブがあります。

今回は、他の色々な種類のレシーブのご紹介をしたいと思います。

代表的なレシーブ

まず、代表的な二種類のレシーブをざっくりご紹介します

  • オーバーハンドレシーブ
  • アンダーハンドレシーブ

になります。

オーバーハンドレシーブは、自分の胸から上のボールに対するレシーブになります。

手のひらを三角形にして、その三角形の中にボールを吸い込むようにとらえて相手に返すレシーブとなります。

オーバーハンドパスとの違いは、基本的には弾くように返すレシーブとなります。

次に、アンダーハンドレシーブです。

アンダーハンドレシーブは、自分の胸より下のボールに対するレシーブになります。

アンダーハンドレシーブは、自分の前に両手のひらを重ねて腕を伸ばした状態で、前腕部分にボールを当てて返すレシーブです。

特殊なレシーブ

次に、それ以外の特殊なレシーブについてご紹介します。

  • ワンハンドレシーブ
  • 回転レシーブ
  • フライングレシーブ
  • 平手レシーブ
  • パームレシーブ
  • パンケーキ

などがあります。

あまり馴染みがないレシーブの名前もありますが、覚えておけばいざという時にとっさに使えるレシーブだと思います。

それでは、各レシーブのご紹介をします。

ワンハンドレシーブ

名前の通りアンダーハンドレシーブを片手で行うレシーブになります。

両手では追いつけないボールが来た時などに、使うレシーブとなります。

普段は両手でするレシーブを片手でするということは、ボールをコントロールするのがとても難しいレシーブとなります。

回転レシーブ

回転レシーブは、アンダーハンドレシーブでもワンハンドレシーブの時でも使える技術です。

が、横に振られた状態でレシーブをした後に体のバランスが崩れてしまって、次のプレーに繋げるのに時間がかかってしまいます。

その時に、横に体が振られた勢いを利用して、体ごと横に回転し立ち上がる技術となります。

イメージとしては、柔道の前回り受け身のような動きで、斜めに前転するような形で立ち上がります。

そのプレーをすることで、次のプレーに繋げるまでの時間を短縮することができます。

フライングレシーブ

こちらもワンハンドレシーブの派生のようなものですが、自分より前に落ちてくるボールに対して前方に飛び込むようにボールを拾うレシーブになります。

コツとしては、滑り込む際に胸から着地するときれいなフライングレシーブになります。

最初は、胸から飛び込むことに恐怖心もあると思いますが、何度も練習することによってきれいな形で飛び込めると思います。

平手レシーブ

このレシーブは、かなりマニアックなレシーブになると思います。

が、オーバーハンドレシーブだとボールの勢いに負けてしまう場合や、ボールが速くてオーバーハンドの形が作り切れないときに使うレシーブになります。

形としては、オーバーハンドの両手の手のひらを重ねて、その重ねた部分にボールを当ててはじき返すレシーブとなります。

こちらのレシーブも、コントロールがとても難しいレシーブになりますので、多くの練習が必要になります。

コツとしては、両手のひらの間に空間を作らず、しっかりと合わせた状態でボールを受けることがキモになります。

パームレシーブ

パームレシーブは、胸より高い位置のボールでオーバーハンドでは受けきれず、さらに左右に振られたボールに対して使うレシーブになります。

形としては、ワンハンドで手のひらの掌底の部分でボールを受けるレシーブとなります。

こちらのレシーブは、先ほどの平手レシーブよりも、さらにコントロールの難しいレシーブとなります。

相手のクイック攻撃などの時に、さっと手を一瞬で出して行うレシーブなので、すぐにできるレシーブではありません。

いざという時に覚えておけば、役に立つレシーブだと思います。

パンケーキ

パンケーキは、自分の前方などに落ちそうなボールをフライングレシーブの形で飛び込み、手を床とボールの間に滑り込ませて手の甲でボールを受けるレシーブとなります。

このレシーブは、手のひら一枚分の高さがあれば拾えるレシーブなので、ギリギリでも拾えるレシーブです。

が、ボールがあまり高く上がらないのと自分でボールをコントロールできないので、周りのフォローも必要なレシーブです。

コツとしては、自分の手のひらを床にしっかりとつけて、手のひらを床に見立ててボールをバウンドさせるイメージで行ってください。

床と手のひらに隙間があると、ボールの勢いが吸収されてバウンドしなくなります。

このレシーブのデメリットとしては、ボールをバウンドさせるので、拾っていても審判からはうまく見えず、ボールが床に落ちたと判断された時がたびたび私はありました。

まとめ

以上が、レシーブの種類についてのご紹介になります。

マニアックなレシーブなどもありましたが、いざという時に覚えておけば、今まで拾えなかったボールなども拾えてくると思います。

ですが、どのレシーブも練習をしないと、なかなか本番では使いづらいレシーブになりますので、最初は遊び程度でも練習で使ってみてください。

使っているうちに、本番でとっさに体が動くと思います。

よろしければ、ご参考にしてください。

今、登録すべき「バレーボール上達専門YouTubeチャンネル」はこちら↓
https://www.youtube.com/channel/UCt5NdpDmM5X00SDr85r86aA

この記事を書いた人関口公彦関口公彦
北海道豊富町出身。中学、高校、社会人とバレーボールを続けている。自分のバレーボールの経験を元に初心者でもわかりやすい執筆を心掛けています。