クロスにスパイクする時は、ブロッカーの小指を狙う!?その理由とコツとは??

スパイク 林 みろ吉

  • ドライブ回転のスパイクを打っても、決まらない
  • スパイクを打つ時に狙うポイントはどこなのか?
  • ドライブ回転のスパイクの決定率を上げたい!

アタッカーは、クロスにドライブ回転のスパイクを打つ時に、複数のコースから一つを選択しますね。

ただし、狙うコースによっては相手のレシーバーにボールを簡単に拾われてしまうのです。

アタッカーは、スパイクを打つタイミングで、瞬時に的確なコースを判断しなければいけません。

クロスにスパイクする時に、ブロッカーの小指を狙ってみましょう。

本記事では、アタッカーがブロッカーの小指にボールを狙う理由とコツを紹介していきます。

クロスにスパイクする時は、ブロッカーの小指を狙う

アタッカーはクロスにスパイクを打つ時、ブロッカーの小指を狙いましょう。

スパイクをブロッカーの小指に狙う理由は、

  • ボールのコースが変えられる
  • ブロックされにくい
  • ワンタッチを狙える

の3つです。

ボールのコースが変えられる

スパイクをブロッカーの小指に狙う理由の1つ目は、ボールのコースを変えられることです。

アタッカーがスパイクしたボールは、相手のブロッカーの小指に当たると予想外の軌道になるからです。

例えば、アタッカーがクロスにボールを狙った場合、ブロッカーの指に当たると狙った位置とは違う方向に飛んでいくことがあります。

レシーバーは、ブロッカーの位置で守備位置を調整するため、コースが変わると対応が遅くなります。

アタッカーは、相手のレシーバーに安定したレシーブをさせてないためにも、ブロッカーの指を狙いましょう。

ブロッカーの小指に狙う方法は、

  • 正確なアタック
  • 洞察力
  • 判断力

が必要です。

アタッカーがブロッカーの小指を狙う方法は、難易度の高いスパイクのため、習得には相当な時間がかかります。

日々練習を重ねながら、技術を高めていきましょう。

ブロックされにくい

スパイクをブロッカーの小指に狙う理由の2つ目は、ブロックされにくいことです。

なぜなら、ボールがブロッカーの手に当たる部分が少ないからです。

例えば、ボールをブロッカーの手の端に当たると、スパイク側の力が勝ります。

スパイカーの力がブロッカーの制止する力に勝るため、ボールが守備側のコート側に落ちやすくなるのです。

アタッカーは、ブロッカーの正面にボールを打ってしまうと、ブロックされる確率が高くなります。

そのため、アタッカーはブロッカーの力に負けないように工夫する必要があります。

相手のブロッカーにブロックされず、得点につながる攻撃をしましょう。

ワンタッチを狙える

スパイクをブロッカーの小指に狙う理由の3つ目は、ワンタッチが狙えることです。

ボールがブロッカーの指に当たると、軌道を把握しにくくなるからです。

例えば、ボールがブロッカーの小指に当たった後、レシーバーが取れない位置に飛んでいくことがあります。

アタッカーは、ブロッカーの小指にボールを当てることで、ワンタッチから得点につなげやすくなります。

ボールの軌道は、アタッカーやブロッカーの双方が予想しにくいです。

アタッカーは、現状を打破したい時に使うことをおすすめします。

アタッカーがブロッカーの小指にボールを狙うコツ

アタッカーがブロッカーの小指にボールを狙うコツは、手の形を把握することです。

ブロッカーの手の形によって、ボールを狙う位置を変える必要があるからです。

例えば、アタッカーはブロッカーの指の角度や長さで、スパイクを打つ位置を調整します。

アタッカーは、

  • ブロッカーの位置
  • 手の形

の両方を確認しましょう。

また、自らがスパイクしない時にも、ブロッカーの位置や手の形を見てください。

有効な練習方法は、練習試合や公式試合で実践していくことです。

何度も実践していくことで、徐々に洞察力が身に付きます。

ブロッカーの小指を狙おう!

アタッカーがクロスにスパイクする時は、ブロッカーの小指を狙いましょう。

ブロッカーの小指を狙う攻撃は、高い技術が必要です。

そのため、日々練習を重ねて技術を磨くことが大事です。

また、アタッカーは焦らず

  • 洞察力
  • 判断力

を身につけていきましょう。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人林 みろ吉林 みろ吉
はじめまして。私は高校時代に約3年間、バレーボールを行っていました。小柄なアタッカーでしたが、主にライトからの攻撃を任されていました。その後、レシーブ力の高さを評価されて、チームの守の要である「リベロ」を担当します。相手のアタッカーの強打からフェイントまで、特徴やクセを分析しながら守っていました。チームの成績は地区予選止まりでしたが、県大会出場まであと一歩のところまで力をつけました。キャプテンを務めながら、日々練習に励んでいました。バレーボールの基本的なことから独自の視点まで、役に立つ情報を提供していきます。