クロスに軟打する方法は2つ!クロスに打ち分ける打ち方とは?

スパイク 指導法 林 みろ吉

  • クロスに軟打を打てるようになりたい!
  • 軟打する時に狙う位置はどこなのか?
  • 軟打する時の打ち方を知りたい!

アタッカーは、クロスにスパイクする時に強打だけではなく、軟打も考えます。

スパイクで軟打する時は、相手のブロッカーとレシーバーの意表をつきたいでしょう。

そのためには、相手の守備位置を把握し軟打の打ち分ける必要があります。

本記事では、クロスに軟打する2つの方法と打ち方を解説します。

クロスに打つ2つの軟打

アタッカーがクロスに打つ軟打には、

  • ブロッカーの後ろに狙う軟打(レシーバーの前方)
  • レシーバーの後ろに軟打(レシーバーの後方)

の2つです。

ブロッカーの後ろに狙う軟打(レシーバーの前方)

アタッカーは、ブロッカーの後ろを狙った軟打を打ちましょう。

ブロッカーはブロックで飛んでいるため、ボールへの対応が遅れます。

そのため、ボールがコートに落ちたりレシーブが乱れたりと、有効な攻撃に繋がるのです。

例えば、ブロッカーとレシーバーの間を狙った軟打は、相手の守備を乱せるでしょう。

相手のブロッカーとレシーバーの両者が判断に迷う位置は、連携が取れないとコートにボールが落ちます。

アタッカーは、相手の守備の連携が取れているのか、何度か試してみましょう。

レシーバーの後ろに狙う軟打(レシーバーの後方)

アタッカーは、レシーバーの後ろを狙って軟打を打ちましょう。

レシーバーは足底の前側に体重をかけているため、後ろへの反応が遅くなります。

そのため、軟打をレシーバーの後ろの位置に狙うと、レシーブが乱れやすくなるのです。

例えば、アタッカーはレシーバーの位置を確認して、コートの奥を狙った軟打を打ちます。

レシーバーが強打やフェイントを意識している場合は、軟打への対応ができずにボールがコートに落ちます。

アタッカーは、ボールが大きな曲線を描いた軌道をイメージして、打つようにしましょう

2つの軟打の打ち方

アタッカーが、2つの軟打を打ち分けるための方法を解説します。

軟打する時は、ボールが手に当たるポイントや力加減で打ち分けるのです。

2つの軟打はコツを掴めば、上手く打てますよ。

ブロッカーの後ろに狙う軟打

アタッカーは、ブロッカーの後ろを狙った軟打する場合、ドライブ回転を意識して弱めの力で打ちましょう。

手に力を入れ過ぎてしまうと、レシーバーが構えている位置までボールが飛びます。

そのため、弱めの力でボールを打ってレシーバーの前に落としましょう。

例えば、アタッカーの手がボールに当たる時に、力を抜いてドライブ回転を打つことを意識します。

ブロッカーの指先の少し上を狙うと、ボールがコートに落ちやすくなるのです。

アタッカーは、壁打ちやスパイク練習の時に、力加減を調整して打ってみましょう。

レシーバーの後ろに狙う軟打

アタッカーは、レシーバーの後ろに軟打する場合は、力を抜いてドライブ回転をかけましょう。

上記のブロッカーの後ろに狙う軟打よりも、ドライブ回転をかけるのです。

例えば、アタックする時にボールにドライブ回転をかけながら、大きな弧を描く軌道をイメージします。

また、スパイクする時にボールを押し出すことを意識してください。

レシーバーの後ろを狙う軟打のコツは、ボールにドライブ回転をかけることです。

ドライブ回転をかけたボールは、下の方に伸びていきます。

そのため、ボールをコントロールできると、コート奥のライン上を狙えるのです。

壁打ちやスパイク練習の時に、ドライブ回転を意識してください。

さらに、スパイク練習では、弧を描く軌道を意識しましょう。

2つの軟打を打ち分ける

クロスに軟打する2つの方法と打ち方を解説しました。

アタッカーは、スパイクの時に状況に応じて、2つの軟打を打ち分けましょう。

軟打の打ち分けができると、相手のレシーブを乱せます。

アタッカーは打ち方に加え、相手の守備位置を把握する洞察力が必要です。

日々の練習を重ねながら、少しずつ技術や能力を身につけましょう。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人林 みろ吉林 みろ吉
はじめまして。私は高校時代に約3年間、バレーボールを行っていました。小柄なアタッカーでしたが、主にライトからの攻撃を任されていました。その後、レシーブ力の高さを評価されて、チームの守の要である「リベロ」を担当します。相手のアタッカーの強打からフェイントまで、特徴やクセを分析しながら守っていました。チームの成績は地区予選止まりでしたが、県大会出場まであと一歩のところまで力をつけました。キャプテンを務めながら、日々練習に励んでいました。バレーボールの基本的なことから独自の視点まで、役に立つ情報を提供していきます。