狙っていたスパイクコースを防がれた時は?対処方法と注意点を紹介!

スパイク テクニック

  • 「狙っていたスパイクを防がれた時に対応できない」
  • 「ブロッカーのプレッシャーに負けてしまう」
  • 「有効な攻撃を行いたい!」

アタッカーは、狙っていたコースを防がれてしまうと焦りますよね。

また、中途半端な攻撃になってしまい、相手に得点を取られることもあるでしょう。

アタッカーは冷静な判断を行い、相手のスキを突いた攻撃をする必要があります。

しかし、冷静な判断を行うためには対処方法を知らなければいけません。

さらに、注意点を覚えることでミスを抑えることが可能です。

今回の記事では、狙ったスパイクコースを防がれた時の対処方法と注意点を紹介します。

この記事を読み終わった人は、スパイクコースを防がれても落ち着いた対応ができるでしょう。

狙っているスパイクコースを防がれた時の対処方法

狙っているスパイクコースを防がれた時の対処方法として、

  • 「ブロックアウトを狙う」
  • 「ボールをブロッカーの手に軽く当てる」
  • 「強打以外の攻撃を行う」

の3つです。

ブロックアウトを狙う

1つ目は、ブロックアウトを狙うことです。

なぜなら、相手の守備が対応できず、得点につながりやすいからです。

例えば、ブロッカーの小指を狙うことでボールの軌道が変わり、レシーバーが対応できません。

また、ボールがコート外に飛んでいき、レシーブできなくなります。

アタッカーは、ブロッカーの力に負けないよう威力のあるスパイクをしましょう。

強打以外の攻撃を行う

2つ目は強打以外の攻撃を行うことです。

なぜなら、強打したとしてもブロックされる可能性が高いからです。

また、強打以外の攻撃は相手チームの意表を突けます。

例えば、ブロッカーの後方にフェイントを行い、相手の守備が乱れる攻め方をします。

また、レシーバーの後方に軟打し相手に攻撃を読まれないようにしましょう。

アタッカーは複数の攻撃を行い、相手の守備陣を崩しましょう。

ボールをブロッカーの手に軽く当てる

3つ目は、ボールをブロッカーの手に軽く当てることです。

相手のブロッカーの手に当て、ボールが自軍に返すことで再度攻撃ができます。

例えば、単調な攻撃しかできない場面では攻め直すために、意図的にボールが返ってくる攻め方をします。

また、攻める場所が無い時は一度ボールを自軍に戻し、新たな攻撃を行うチャンスを作るのです。

アタッカーは有効な攻撃につなげる方法として、ボールをブロッカーの手に当ててみましょう。

狙っているスパイクコースを防がれた時の注意点

狙っているスパイクコースを防がれている時の注意点は

  • 「強引に攻撃をしない」
  • 「ブロッカーの指を狙い過ぎない」

の2つです。

アタッカーは注意点を理解し有効な攻め方をしましょう。

強引に攻撃をしない

1つ目は、強引な攻撃をしないことです。

なぜなら、ブロッカーに防がれる可能性が高いからです。

例えば、スパイクコースをブロッカーが守っている場合、ボールが止められやすくなります。

また、相手のブロッカーのプレッシャーに負け、中途半端な攻撃になるリスクがあるのです。

アタッカーはブロッカーの体勢を確認し、相手のスキを見つけて下さい。

相手の意表を突く攻撃を行い、試合を有利に進めましょう。

ブロッカーの指を狙い過ぎない

2つ目は、ブロッカーの指を狙い過ぎないことです。

ブロッカーは、アタッカーの攻撃を読んで意図的に手を引っ込めるからです。

例えば、ブロックアウトを連続で狙うとブロッカーが警戒し、手を出さないことがあります。

また、ボールが飛んできたタイミングに合わせ、手を下げることもあり得るでしょう。

アタッカーはブロッカーが警戒しないように、複数の攻撃を行うことをおすすめします。

ブロッカーに攻撃が読まれないと、スパイクが決まりやすいですよ。

まとめ

アタッカーは、ブロッカーにスパイクコースを防がれたとしても対応できるように複数の攻撃を身につけましょう。

ただし、複数の攻撃を身につけるためには、時間がかかります。

また、試合で実践しながら感覚を掴んでいくことが大事です。

アタッカーは練習や試合で経験を積みながら、上達しましょう。

関連記事はこちら↓↓↓

「強力なスパイカー」に育てる指導の秘訣を知りたい方はこちら↓↓↓

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人林 みろ吉 林 みろ吉
はじめまして。私は高校時代に約3年間、バレーボールを行っていました。小柄なアタッカーでしたが、主にライトからの攻撃を任されていました。その後、レシーブ力の高さを評価されて、チームの守の要である「リベロ」を担当します。相手のアタッカーの強打からフェイントまで、特徴やクセを分析しながら守っていました。チームの成績は地区予選止まりでしたが、県大会出場まであと一歩のところまで力をつけました。キャプテンを務めながら、日々練習に励んでいました。バレーボールの基本的なことから独自の視点まで、役に立つ情報を提供していきます。