【トス】狙いを定めてはいけない

DVD教材 熊崎 雅文

 

「アタッカーが打ちやすい場所はこの位置だから、ここを狙ってトスを上げよう」

 

 

セッターのトスについては、

「ある場所を狙ってトスを上げる」という発想が一般的。

 

 

バスケットゴールに入れる練習や何か目印をつけて、

そこに向かってトスやパスの練習をしている光景は、よく見かけますよね。

 

 

もしかすると、あなたのチームでも同じような練習をしているかもしれません。

 

 

しかし、この「ある場所を狙ってトスを上げる」という行為は、

よく考えると、非常に難しいことを選手に要求していることになります。

 

 

セッターとしてのキャリアが豊富で、

強豪校でセッターを務めるような技術力が高く、センス溢れる選手であれば、

上記のような発想の教え方でも狙った場所に正確に上げることはできると思います。

 

 

ですが、

 

一般公立校で頑張っている選手やセッター経験のない選手に

教えるときは、この一般的な発想から生まれた教え方はベストではない。

 

 

と、熊崎さんは、おっしゃいます。

 

 

一体、どういうことなのか?

 

続きはコチラの解説動画をご覧ください↓

 

 

 

バレーボール指導革命 弱者のバレー「セッターの育て方」好評発売中


LINE友達登録で50%OFFクーポンプレゼント!

新しい時代で伸びる上達法!LINEで友達になると、短時間の練習で上級者の動きに変える、バレーボール上達DVDを半額で学んでいただけます

バレーボール強育塾がLINE公式アカウントを開設! 開設を記念して、新規友だち登録キャンペーンを開始します!

LINEの新規友だち登録をしていただくと、バレーボール強育塾で使えるクーポンをお渡しします! このクーポンを使うと…私たちが販売しているバレーボールDVDの中から、お好きなDVDおひとつを半額で手に入れていただけます。

LINE友達登録で、バレーボールDVD教材が50%OFF!

詳細はこちらをクリック!