強烈なスパイクを打つためのエクササイズ

川端 健太 講師一覧

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です!

年末年始はなにをして過ごされましたか?

私は大掃除と勉強ばかりしてました。

大掃除は、年越し大掃除になっちゃいました笑

今日は「強烈なスパイクを打つためのエクササイズ」をシェアしますね!

今からシェアする方法は

  • スパイクがなかなか強く打てない
  • スパイクを打っても簡単にレシーブされる

こう思ってる方のお役に立てる内容になります。

今からシェアする方法を実践すると

  • ドカッと強いスパイクが打てるようになる
  • スパイク決定率がアップする

こんなうれしいことが起こるので最後までお読みください。

強いスパイクを打つには、胴体と腕が連動して動くようにする必要があります。

胴体がしっかり動いてスパイクが打てるとより強いスパイクが打てるようになります。

胴体がしっかり動くとは、今回は、胴体を丸めたり反る動きになります。

この動きを良くするためのエクササイズをシェアしますね!

具体的なやり方は、

ステップ1

正座又は椅子に座る。

ステップ2

鼻から息を吸う

ステップ3

息を口から吐きながら体を丸める。

ステップ4

丸めきったら息を吐ききります

ステップ 5

息を吸いながら胸を張っていきます。

この時、腰を反らせ過ぎないように腰がまっすぐになるまで骨盤を立ててください。

腰を反りすぎると腰に負担がかかって腰を痛めやすくなってしまうからです。

ステップ6

胸を斜め上に動かし胸を開ききったら息を止めます。

ステップ7

ステップ2からステップ7を10回繰り返す。

このエクササイズを実践し続けるとスパイクが強くなるだけでなく、走りも 良くなってきます。

走る時もこの動きを使っているからです。

走りが良くなればレシーブ、ブロックの動ける範囲が広がりますよ!

このエクササイズはウォーミングアップに行ってください。

実践してみると感じると思いますが、とてもスッキリします。

まとめ

今日は「強いスパイクを打つためのエクササイズ」をシェアしました。

そのエクササイズは胴体を丸めたり反ったりするエクササイズでした。

これを行うと姿勢も良くなってきますので超オススメです。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます!

あなたの教え子さんのスパイクが強くなりますように!!

関連記事はこちら↓↓↓

川端監督の教材はこちら↓↓↓

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。