目を鍛えることでボールをがよく見えるようになってレシーブ力がアップする方法とは?

練習メニュー レシーブ 指導法 川端 健太

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端健太です!

今日は、「目を鍛えることでボールがよく見えるようになりレシーブ力がアップする方法」をシェアしますね!

今からシェアする方法は

  • ボールがはっきりと見えない。
  • 反応スピードが遅い。

こういう選手のお役に立てる上達法になります。

今からシェアする方法を実践すると

  • ボールがよく見えるようになりレシーブ力がアップします!

こんな嬉しい事が起こるので、最後までお読みください。

眼球を動かす?

スマホやパソコンの使いすぎやストレスなどで、眼球がうまく動かない選手がいます。

目が動かないと、ボールに対する反応がどうしても遅くなってしまいます。

反応が遅くなると、レシーブミスをしてしまうことがあります。

こんなイヤなことが起こらないためには、眼球がよく動くようにすることが大切です。

そのために、家でもできるビジョントレーニングを今からシェアしますね!

その方法は、30 cmほどの長さのひもを使います。

両端と真ん中に、結び目を作ってください。

  1. その紐を両端を左右の親指と中指でそれぞれ持ちます。
  2. ひもの片方が鼻から30CM ほど離れた位置に来るように持ちます。
    その位置からひもが斜め四十五度上になるようにもう片方を持ちます。
    ひもが、自分から見て斜め上にまっすぐになっている状態にしてください
  3. 真ん中の結び目から奥にある結び目まで視線をゆっくり動かします。
    奥の結び目まで視線を移動させたら紐がアルファベットの Aに見えると思います。
  4. 奥まで視線を移動したら真ん中の結び目まで戻ります。
    真ん中の結び目まで視線を移動させると、ひもがアルファベットのXに見えるのではないでしょうか?
  5. 真ん中の結び目まで戻ったら手前の結び目までゆっくり視線を移動させます。
  6. 手前の結び目まで視線を移動させたら、真ん中の結び目に向かって視線を移動させます。

ステップ3~6を、1分ほど繰り返してください。

次に、目から30 CM ほど離した位置に紐を横にします。

  1. 真ん中の結び目から右側のにある結び目まで視線を移動させます。
  2. 右側の結び目から真ん中の結び目まで視線を移動させます
  3. 真ん中の結び目から左にある結び目まで視線を移動させます
  4. 左側にある結び目から真ん中の結び目がまで視線を移動させます。

ステップ1~4を、1分ほど繰り返します。

これを行うポイントは、必ず紐を見ながら視線を移動させることです。

これを行うと、選手によってふっと視線が飛んでしまうところがあると思います。

そこが選手にとって、ボールが見えないポイントになります。

そのポイントは、何度も紐を見るようにしていると見えるようになってくるので安心してください。

これを行ってからレシーブ練習などをすると、ボールがハッキリ見えるようになってレシーブ力がアップしますよ!

このエクササイズは、

  • ウォーミングアップ
  • レシーブ練習前

に、実践することをオススメします。

まとめ

今日は、「目を鍛えることでボールを見えるようになりレシーブ力をアップする方法」をシェアしました

目が動かないことで、勉強に集中できないという選手もいます。

目が動くことは、バレーボールだけでなく勉強にも影響するんです。

次の練習から、実践していてみてください。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

あなたの教え子さんのレシーブ力が、アップしますように!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。