クロスにスパイクをする時はドライブ回転が有効!?ドライブ回転をかけるメリットと打つ方法とは?

練習メニュー スパイク

  • スパイクをクロスに打つ時にアウトになりやすい!
  • 相手のレシーバーにボールを拾われやすく、決定率が良くない

アタッカーは、スパイクをクロスのコースに狙うことが多くなっており、決定率を上げようとします。

スパイクの決定率を上げるためには、ドライブ回転をかけて打つことが重要です

ドライブ回転をかけるメリットと打つ方法を、詳しく見ていきましょう。

クロスにスパイクをする時はドライブ回転が有効

クロスにスパイクする時は、手の平がボールに当たる位置で軌道が変わってきます。

また、ボールが手の平に当たる位置で、威力にも差が生じるのです。

スパイクの時にドライブ回転をかけると、有効な攻撃ができます。

メリット①ボールがアウトになりにくい

アタッカーがドライブ回転のスパイクを打てると、ボールがアウトになりにくくなります。

基本的なスパイクの打ち方でボールを打った場合、アウトになる軌道もドライブ回転がかかるとコート内に落ちます。

ドライブ回転は、ボールに縦回転がかかり、軌道が沈んでいくのです。

そのため、相手のレシーバーの想定よりも手前にボールが落ちます。

また、ボールが沈んでくるため、レシーブがしにくくなります。

相手のレシーブを乱す方法の1つとして、ドライブ回転のかかったスパイクは有効な攻撃です。

メリット②ボールの決定率が高くなる

ドライブ回転のスパイクは、相手のレシーバーが守っている位置よりも手前にボールが落ちます。

そのため、レシーバーはボールに対応しきれずに、相手の得点になりやすくなるのです。

アタッカーは、ドライブ回転がかかったスパイクを打てるようになると、決定率が上がってきます。

また、試合中の大事な場面で、アタッカーは得点しやくなります。

アタッカーは、ボールにドライブ回転をかけて、鋭いスパイクを打てるようにしましょう。

さらに、ドライブ回転に強弱を付けることで、攻撃の方法が増えます。

多彩なスパイクが打てるように、日頃から練習していくことが大事です。

ドライブ回転のスパイクを打つ方法

ドライブ回転がかかったスパイクを打ちたい人は、ボールを手の平で巻き込むようにしましょう。

基本的なアタックは、手の平の上部でボールを打つことで、威力のあるスパイクが打てます。

一方、ドライブ回転のスパイクは、威力だけではなく決定率が大きく上がります。

レシーバーの想定を超えるスパイクを打つことで、基本的なスパイクの場合にも大きな影響を与えるのです。

日頃の練習から、ドライブ回転を意識していきましょう。

壁打ちからドライブ回転の練習をする

ドライブ回転のスパイクを打てるようになるためには、壁打ちから練習することをおすすめします。

チームのスパイク練習の時にドライブ回転をかけようとした場合、コツを掴めていないと上達しません。

ドライブ回転のスパイクのコツを掴むためには、壁打ちが有効な練習です。

最初の方は打ち方のコツが掴みにくいですが、焦らずにボールを打っていきましょう。

スパイク練習でドライブ回転を意識しながら打っていく

ボールにドライブ回転をかけるコツが掴めた人は、実際のスパイク練習で実践しましょう。

スパイク練習と壁打ちはやり方が違うため、練習に慣れるまでに時間がかかります。

しかし、何度も練習していくことで、徐々に慣れていきます。

スパイク練習では、ドライブ回転を意識しながらボールを打っていきましょう。

スパイクする時はドライブ回転を意識する

スパイクを打つ時は、手の平をボールに巻き付けるようにしましょう。

ボールにドライブ回転がかかるとスパイクの軌道が変わり、狙えるコースが増えます。

ドライブ回転のスパイクを打つためには、日頃の練習から意識しましょう。

毎日、練習を積み重ねていくと鋭いドライブ回転がかけるようになります。

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp