【バレーボール】低身長プレーヤーが身に付けたいスパイク技術

スパイク

前回の「低身長プレーヤーが意識しなければならないポイント」の続編を、今回も紹介していきます。

今回は「低身長プレーヤーが身に付けたいスパイク技術」について私の経験も踏まえて紹介していきます。

私が高校時代、低身長プレーヤーでもチームのポイントゲッターとしてプレーしている選手は多くいました。

そのプレーヤーに共通している点を見ていきます。

勿論、低身長プレーヤー以外の方もご参考にしていただける内容ですよ。

ブロックを意識したスパイクの打ち方を習得すること

スパイクの際に低身長プレーヤーであったとしても、相手ブロック陣が手加減してくれることはありませんよね。

手加減どころか、止めにかかるブロックで立ちはだかります。

そのような時は、止めにかかってくるブロックを有効活用しなければなりません。

「常にブロックを意識したスパイク、打ち方」を習得することがポイントとなります。

ブロックを意識した打ち方の種類には、

  1. ブロックの上から打つ
  2. ブロックの横を抜く
  3. ブロックの間を抜く
  4. ブロックに当てる

この4パターンが考えられます。

低身長プレーヤーはこの4種類の内、どれを強く意識する必要があるのでしょうか。

「ブロックの横を抜く」打ち方を習得すること

紹介した4種類のブロックを意識したスパイクの打ち方のうち、まず意識して欲しいのは、

「ブロックの横を抜く」打ち方です。

ブロックの横を抜くコースは、「ストレート」と「インナー」の2つのコースに絞られます。

まずは、この「ストレート」と「インナー」に打つ意識を持って

  • 助走
  • 体の向き
  • ジャンプ
  • 腕のスイング

に取り組み、しっかりと狙ったコースに打てるようになってください。

それができるようになれば、ストレートに打つ助走で、腕のスイングのみでインナーを狙うことや、インナーを打つ助走で、ストレートに打つ腕のスイングなどバリュエーションを増やすことをお勧めします。

特に、インナーに打つ助走から、体をひねり、ストレートコースに打つスパイクは効果抜群です!

「ブロックに当てる」打ち方である

ブロックの横を抜くスパイクの次に取り組みたいのは、「ブロックに当てる」打ち方です。

ところで、ここまで読んで、どのようなプレーヤーが頭に浮かんでいますか?

以前に、全日本女子に「高橋みゆき」選手というプレーヤーがいたのを覚えていますか?

ブロックの横を抜くスパイク、ブロックに当てるスパイク、どちらも上手かったですよね。

いきなり「高橋みゆき」選手のようにはなれませんが、ブロックの横を抜くスパイクを意識していけば、自ずとブロックに当てるスパイクもできるようになります。

ブロックに当てて、ブロックアウトを狙う打ち方には、

  • 味方のコートの外に落とす
  • 相手のコート横に出す
  • 相手コート奥に飛ばす
  • 吸い込ませる

この4パターンがあります。

この中で、一番得点に結びつきやすいのが、「味方のコートの外に落とす」です。

これをやられると、相手チームは何もすることができません。

次に得点に結びつきやすいのが「相手のコートの横に出す」です。

要は「超ストレート」「超インナー」を打つ意識、そしてブロックの一番端に当てて、コートの外に弾き出す意識が必要です。

あと、「吸い込ませる」ですが、相手ブロックの形が十分でなく、明らかにネットとブロックの手・体が離れている場合は、その空いたスペースに上から押し込むように打てば、ブロック吸い込みで得点につながる確率が高くなりますので、覚えておいてください!

まとめ

今回は低身長プレーヤーが身に付けたいスパイク技術について述べていきました。

ポイントになるのは、

  • ブロックを意識した打ち方を習得すること
  • ブロックを意識した打ち方の中でも、まず「ブロックの横を抜く」打ち方を習得すること
  • その次は「ブロックに当てる」打ち方を習得すること

これらがポイントとなります。

先にも紹介しましたが、「高橋みゆき」選手はブロックを意識した打ち方のスペシャリストであると思っています。

勿論、高橋みゆき選手以外でも、ブロックを意識した打ち方が上手なプレーヤーは多くいます。

またそのようなプレーヤーを紹介していきますので、そのプレーヤーの動きを見ながら、自分の打ち方として習得していってくださいね!

低身長の方におススメの記事↓↓↓

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人堀 大輔堀 大輔
長崎県出身で、現在は京都市在住。子供3人の父親。中学校から友人たちとバレーボール部に入部。ポジションはセッター。高校時代所属バレーボール部は長崎県ベスト4他、九州大会出場2回、九州大会準優勝1回と実績を残すが、私自身はベンチメンバーでした。部員人数も少なく、オールラウンドとして控え要員とともにマネージャー的な存在でもあり、また他チームの選手分析および戦術分析など経験。その経験から得たことや皆さんに役立つバレーボール情報を提供してききたいです。また現在はママさん方とバレーボールを楽しんでおり、子供から大人の方々まで「バレーボールは楽しいスポーツ」であると伝えていきたいです。