アタックのスイングスピードをカンタンにアップさせるイメージ法とは?

練習メニュー 川端 健太

こんにちは!

バレーボール瞬達塾の川端です!

今日は、スパイクの腕の振りをカンタンにスピードアップさせる方法をシェアしますね!

今からシェアする内容は、

  • 筋力アップしなくても強いスパイクを打ちたい

と思ってる選手のお役に立てる上達法になります。

今からシェアする方法を実践すると、

  • ドカッと力強いアタックが打てるようになります
  • スパイク決定率がアップします

こんなうれしいことが起こるので、最後までお読みください。

どんな方法があるのか?

まず、具体的になにをするかを伝えます。

  1. 利き腕の中指の第一関節から先にテープを巻きます。
    テープであればなんでも構いません。
  2. テープを巻いたら、ダランと腕を下げます。
  3. 腕を下げたら、テープの重みを感じて、「腕が重くなる。重くなる」とイメージします。
  4. 重く感じられるようになったら、スパイクを打ちます
  5. プレーしている最中は、いつもとなにが違うか?
    スイングスピードは?
    力んでいるか?

こういうことを観察します。

なぜ、重いとイメージするかと言いますと、人間は重いものは全身を使って動かそうとするからです。

鉛筆など軽いものを動かす時に、全身を使わないでしょ?

ですから、腕が軽いものだと認識していると、全身を使わなくなるのが人間です。

そのため、腕を重いとイメージすると全身を使って腕を振ることになるので、強いスパイクが打てるというわけです。

指にテープを巻かなくても、腕が重いものだとイメージできれば大丈夫ですよ!

この方法を実践しただけで、打ったボールがスピードアップした選手がたくさんいます。

イメージさえできればカンタンにできる方法なので、すぐに実践してくださいね!

イメージができない選手がいたら、どうしたらいいですか?

イメージ力がない選手は、います。

こういう選手は、ただイメージする機会があまりないので、イメージができないのだと思ってます。

ですから、何度もイメージするようにしたらイメージできるようになるので、イメージしまくるようにしてくださいね!

イメージ力があまりない選手は、上達スピードが早くありません。

レベルの高い選手ほど、イメージ力が高いです。

小学生のうちはまだ脳が発達しておらず、イメージ力があまりない場合がありますので、頭にいれておいてください。

まとめ

今日は、強いスパイクを打つ方法をシェアしました。

その方法は、腕を重いとイメージしてから打つでした!

次の練習で、実践してみてください。

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございます!

あなたの教え子さんが、瞬達しますように!!

ご質問・お問い合わせについて
いつもブログ記事を読んでいただき、ありがとうございます。バレーボール強育塾では、バレーボール上達のためにブログやSNSで情報発信をしています。また、バレーボール上達のためのDVD教材の販売も行っております。バレーボールに関するご質問やお問い合わせ、ブログ記事に対するコメントなどがありましたら、下記のメールアドレスまでお気軽にご連絡ください。
メールアドレス:info@real-style.co.jp
この記事を書いた人川端健太(かわばたけんた)川端 健太(かわばた けんた)
日本福祉大学バレーボール部監督・バレー瞬速上達塾代表最新の「脳科学」と500年の歴史をもつ「古武術」を取り入れた独自のバレーボール指導法が話題になり、わずか2年半で6,000人を超える選手たちを指導。一般的なチームの8割~9割を占める「伸び悩んでしまう選手」をたった「一声」で上達させる手腕は、多くのバレーボール指導者から注目されている。また、自身が代表を務める「バレー瞬速上達塾」は、全国各地でバレーボール教室や指導者向けの講習会を開催。年間100回を超える精力的な活動は、頻繁に地元紙に取り上げられている。