タグ:トスが付いている記事一覧


川端 健太

トス、レシーブ、サーブのコントロールがなかなか良くならない…悩んでいませんか? 今回は「 90%の選手が陥っているコントロールが良くならない考え方」をご紹介します。

トス テクニック 林 みろ吉

トスが高くなった時、攻撃方法を瞬時に判断しますよね?スパイクをする時は状況に応じて軟打と強打を打ち分ける必要があります。では、トスが高い場合は軟打と強打どちらが有効的でしょうか?実は、軟打の方が有効的なのです。なぜなら「相手のスキを突ける」「再度、攻撃ができる」「多彩な攻撃が可能になる」などメリットがあるからです。

その他 堀大輔

バレーボールの授業が面白くないと感じる理由は「チームでボールが繋がらない」「スパイクが打てない」という大きく分けて2つの理由が挙げられます。ですので、指導者は面白くないと感じる点は受け入れて、その点を十分に理解し授業内容・練習内容を考える必要があります。

スパイク テクニック 川端 健太

今まで出来てたことができない…また、フォームを改善しても結果がよくならないと悩んだことはありませんか?実は、フォームの改善をしても結果がよくならない原因は3つあるのです。

スパイク テクニック 林 みろ吉

トスが高い時のスパイクは強打が不利なのか?また、強打する場合どこ狙うべきなのか?と疑問に思っている方は多いと思います。そこで、今回は「トスが高い時に有効な攻撃ができるようになる練習方法」についてご紹介します。練習を行うことで、複数の攻撃ができ多くの得点が取れるようになります。

練習メニュー トス 指導法 川端 健太

アタッカーにトスをあげるセッター。基本は、上げる方向を向いてトスをしますが、たまにバックトスをする時もあります。そのバックトスが安定しないと、アタッカーが強いスパイクを打つことが難しいんです。

スパイク 指導法 林 みろ吉

アタッカーがスパイクを打つときに、トスが低い時がありますよね。そんなトスが低い時に有効なスパイクは何なのでしょうか?また、スパイクを打つ際に注目すべき点は何なのでしょうか?