タグ:パスが付いている記事一覧


練習メニュー 指導法 川端 健太

バレーボールでは、パスでボールを繋ぎます。そのため、パス力は必要な技術です。そんなパス力を上げるために、日々パス練習に取り組まれていると思います。そこで、パス力が上がる練習メニューをご紹介します。

練習メニュー 川端 健太

バレーボールには、色々な練習方法がありますよね。練習方法によって目的が変わりますが、今回は視野の広さと判断力が身につくパスの練習方法について、お話していきます。

練習メニュー トス 川端 健太

オーバーパスをする際に、ドリブルをしてしまう経験はないですか?もしかすると、多くの方が経験したことがあるかもしれません。では、なぜドリブルをしてしまうのでしょうか?

練習メニュー 川端 健太

アンダーパスは、バレーボールの基本的なスキルになります。このアンダーパスが上手くできないと、上手につなぐことができず、チームのプレーを崩しかねません。そのため、アンダーパスで狙ったところに返せるようになる必要があります。

トス テクニック

指導者が選手の適性を見抜いて役割を与えることは、選手にとってもチームにとっても重要です。あるポジションでは全くダメでも、ポジションを変えてあげると素質が開花した、というのはスポーツ界ではよくある話ですよね。今回は、どのような選手がセッターに向いているか?をテーマにお伝えします。益田清風高校 女子バレーボール部の熊崎監督にもお話しをうかがってきたので、最後までお読みください。

練習メニュー

今回は、「正確なロングパスをするための練習方法」をご紹介します。正確にロングパスができることで、チームの勝利や得点に繋がりやすくなります。オーバーロングパスもアンダーロングパスも試合中には多く使うので、両方マスターしておきましょう!

練習メニュー

今回は、試合で起こる状況を想定したパス練習メニューをご紹介したいと思います。メニューは2つ!ネット際のボールをうまくコントロールできるようになる「ネット際パス」と、後ろに下がりながらのパスにも対応できるようになる「バックゾーンパス」です。

練習メニュー

初心者のパスに関する悩みとして、よく挙げられるのが「狙ったところにパスを送れない・・・」というもの。これについては、大抵の場合、正しいフォームでパスができていないことが大きな原因なんです。今回は、バレーボール初心者におすすめの「正しいフォームが身に付くパス練習」をご紹介します。

練習メニュー

今回は、3人体制でおこなうパス練習をご紹介したいと思います。1人や2人でおこなうパス練習に比べて、3人でおこなうパス練習はバリエーションをつけられるので、より練習内容を充実させることができますよ。