タグ:指導が付いている記事一覧


スパイク

アタッカーは、時にはブロッカーが3人いるときにでもスパイクを打つときがあります。しかし、ただ打てばいいわけではありません。ちゃんとブロックが3人いるときの攻撃方法があるので、今回はそこを紹介していきます。

練習メニュー 指導法 川端 健太

レシーブの一歩目の速さは、レシーブの範囲や精度に大きく影響します。だからこそ、そんな一歩目を速くすることが重要です。では、どうすれば速くなるのか?それは、”あるステップ”を行うんです。

指導法 川端 健太

指導をする際に、選手の話を聞く時があると思います。選手の考えなどを聞かないと、指導がズレてしまうかもしれないですからね。そんな話を聞く際に、選手が自身の考えや思いを話しやすくなるコツがあるんです。

スパイク 指導法 林 みろ吉

アタッカーがスパイクを打つときに、トスが低い時がありますよね。そんなトスが低い時に有効なスパイクは何なのでしょうか?また、スパイクを打つ際に注目すべき点は何なのでしょうか?

練習メニュー 指導法 堀大輔

バレーボールには、フォーメーションがあります。それも、オフェンスとディフェンスと、それぞれ違うフォーメーションがあります。今回は、ディフェンス・フォーメーションの特徴について考えていきましょう。

指導法 辻 貴大

バレーボールで成長するには、技術はもちろん食生活も意識する必要があります。どうしても技術を優先して、食生活は疎かにしてしまいがちです。食生活の習慣で、バレーボール選手が気を付けておくべきものを見ていきましょう。

練習メニュー レシーブ 指導法 川端 健太

ボールがはっきり見えなくなったり、反応スピードが遅くなることがありませんか?これは、目が上手く動いていないことが原因かもしれません。そのため、目を鍛えて動かせれるようにしましょう。

練習メニュー レシーブ 指導法 川端 健太

サーブレシーブって、重要ですよね。綺麗にセッターに返るかどうかで、自チームの攻撃に大きな影響を与えます。そんなサーブレシーブの返球率を上げるには、一歩目が重要です。

練習メニュー サーブ 指導法 川端 健太

バレーボールのプレーは、すべてサーブから始まります。そのため、唯一邪魔をされないプレーがサーブです。しかし、どうすればサーブが上手くなるか分からないと悩む選手もいます。そこで、今回はサーブのトスに注目してみました。

練習メニュー レシーブ 指導法 辻 貴大

カバーレシーブとは、一体何なのか?スパイクやレシーブによって、自陣のレシーブが乱れた際に行うレシーブです。このカバーレシーブは、自陣の攻撃に繋ぐ重要なプレーです。