強いスパイクが打てるようになる腕の使い方

スパイク テクニック

 

今回は、「強いスパイクが打てるようになる腕の使い方」をご紹介します。

腕を頑張って使っているのに、強いスパイクが打てない…
力を入れているのに、ボールに力が伝わらない…
いつもスパイクが弱い…

と、強いスパイクを打てないことで悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

強いスパイクを打てることで、得点が取れ、チームを勝利に導けるかもしれません。

そこで、今回は「強いスパイクが打てるようになる腕の使い方」について紹介します。

 

スイングについて

野球選手のピッチャーなどが、「腕のしなり」を使って、ボールを投げると聞いたことがあると思います。
バレーボールでもスパイクを打つ時、「腕のしなり」を使ってスパイクを打つことが出来ると、より強いスパイクを打つことが出来ます。

 

「腕のしなり」とは?

「腕をしならせる」ということは、実際に腕がムチのようにしなっているのでなく、スイングのスピードが速いために腕がしなっているように見えるということです。

 

強いスパイクが打てるようになる腕の使い方

スパイクを打つ時に、メリハリがなくフワッとスイングするのではなく、腕を大きく後ろに開くようにしましょう。
この時、腕だけで後ろに引くのではなく、肩甲骨の筋肉を使って後ろに持っていくようにしましょう。

そして、肩甲骨の力を使って前に持ってきます。

さらに、腰(体幹)を回旋させて、体幹・肩甲骨・腕の全ての力を使って、力強く速いスパイクを打つことを意識しましょう。

腕だけで打ってしまうと肩が大きく開かないので、腕はある程度脱力した状態で肩甲骨を意識してスイングをするようにしてみてください。

スパイク練習の時だけではなく、ボールを投げるウォーミングアップやミート練習をする時にも意識をすると身に付きやすくなりますよ。

体の使い方を意識することによって、スパイクが力強く打てるようになります。

 

まとめ

今回は「強いスパイクが打てるようになる腕の使い方」について紹介しました。

・肩甲骨の筋肉を使って後ろに引く
・肩甲骨の筋肉を使って腕を前に倒す
・体幹、肩甲骨、腕、全ての力を使って力強く速いスパイクを打つ

これらのことを意識してみてください。
肩甲骨を使ってスパイクを打つことで、スイングのスピードがアップし強いスパイクが打てるようになります。

ぜひ実践してみてくださいね!