タグ:練習が付いている記事一覧


指導法 川端 健太

バレーボーラーに多いケガに、膝のケガがあります。走って・飛んで・着地しての繰り返しであるバレーボールでは、しっかりと膝のケアをしておかないと、いつか大きなケガに繋がってしまいます。

辻 貴大

4スタンス理論をご存じですか?人の体の動かし方には、4つのタイプがあり、それぞれに応じた体の動かし方があります。今回は、その4スタンス理論とバレーボールとの関係性についてお話しします。

練習メニュー ブロック 指導法

ブロックは、唯一攻撃と守備が同時にできるプレーです。そのため、ブロックで攻撃と守備が両方ともできる技術が、ブロッカーには求められます。

練習メニュー 指導法 関口公彦

セッターが困るのが、ネット際のボール処理です。ネット際のボール処理が多くなるセッターだからこそ、ネット際のボール処理をできるようにしておきましょう。

スパイク

スパイクを打てるようになることは、バレーボールで得点を取るために必須スキルですよね。さらに、得点力を上げるには、スパイクでコースを打ち分けることです。

練習メニュー ブロック 川端 健太

バレーボールにおいて、ブロックの高さが高いほど脅威になります。しかし、実際は高くしようと思っても、高くできなくて悩んでいる選手や指導者は多いです。そこで、今回は空手の型から、ブロックを高くする方法を考えてみました。

練習メニュー 指導法

試合前の練習って、コンディションを整えるために重要な練習ですよね。しかし、試合前の練習を間違えてしまうと、試合当日にベストパフォーマンスでプレーできなくなります。

練習メニュー スパイク 指導法 講師一覧

バレーボールを始めたばかりだと、スパイクを打つときにどこを意識すればいいか分からないと思います。ただ、スパイクの一連の流れを知っておけば、自分がどこの部分が弱いかなどが分かり、次に活かすことはできます。

練習メニュー スパイク 川端 健太

スパイクの打点を上げることは、バレーボールに関わる人としては常に悩むことだと思います。そこで、打点を上げるためのエクササイズをご紹介します。

練習メニュー レシーブ 指導法

サーブカットが上手くいかずに悩む選手は多いと思います。サーブカットにはフォームがあり、そのフォームを作るには「自分の型」を作る必要があります。